BTSのラップモンスターは中身がイケメンすぎる!RMの魅力を徹底紹介

韓国だけではなく、日本や米国など世界中で大人気の防弾少年団。

今回は、リーダーのRM(ラップモンスター/アールエム)について詳しくご紹介します。

BTSラップモンスター(RM)のプロフィール

本名はキム・ナムジュン (김남준)、1994年9月12日生まれのA型です。
家族構成は両親、妹の4人で身長は181cmありメンバーの中でも背が高いと言われています。

趣味はネットサーフィンと音楽鑑賞で、習慣は喉のウォーミングアップだそうです。
ロールモデルは、カニエ・ウェスト、エイサップ・ロッキーなどです。
学生時代は非常に学業成績が優秀で、IQ148だという話もあります。

数年前にはその頭脳を活かし、「脳セク時代」というバラエティ番組にも出演していました。
触ったものがすぐに壊れてしまうことから「破壊の神」というニックネームがついています。

ラップモンスター(RM)自身は「そんなつもりは全くないのに、僕が触ると壊れてしまう」と落ち込んでいる様子も過去にありました。

メンバーが面白がってサングラスを渡すと、なぜかツルの部分が折れてしまうハプニングが起こり、一同が大爆笑するということもありました。
世界平和のために、料理と車の運転はしないほうがいいと止められているそうで、車の運転は父親からも止められているそうです。

「真面目」「かっこいい」と言われていますが、実は中学生の頃に妹に雨傘を使えないように全て持ち出したというお茶目なエピソードもあります。
昨年、幅広い方に知ってほしいという思いからRM(アールエム)へ改名したことも話題になりました。

BTSラップモンスター(RM)のラップの特徴とラップ経歴

反社会的なものが多いと批判が多かったこともありましたが、現代の若者が疑問を呈したオリジナリティがあるものとして現在は受け入れられています。

小学6年生の頃にエピック・ハイの「Fly」という曲を聴いてヒップホップというジャンルに興味を持ったそうです。
数えきれないほど聴き、いつかはエピック・ハイのタブロ氏とコラボレーションすることが夢だといつも語っています。
防弾少年団としてデビューする前は、長く下積み時代がありました。

ヒップホップチーム「大南朝鮮ヒップホップ協同組合」に籍をおき、RunchRandaというニックネームで活動していました。
15歳の時、Block Bのジコとコラボレーションをしたこともありミックステープの制作をしていたことがあります。

BTSラップモンスター(RM)は稀に見る天才

現在所属している事務所、BigHitへの入所は2010年、当時作曲家だったPdoggがUntouchableのスリーピーを通じてラップモンスター(RM)をパン・シヒョク(現BigHit代表)へ紹介したことが始まりでした。
ラップモンスター(RM)は一番初めに事務所へ入所したメンバーですが、下積み時代からその実力は実力のあるラッパーですら恥ずかしさを覚えてしまうほど大人顔負けのものだったそうです。
TOEIC900点、米国への留学経験があり英語も堪能です。

留学は自分から決心したのか?という質問に「勇気はありませんでした。しかし、父親から今しかできないことはしておきなさいと言われ、良い経験ができるかもしれないと思って留学をしました」と話しています。

ワールドツアーなどで英語圏へ出向くことが多い防弾少年団ですが、ラップモンスター(RM)が通訳をしたり、全編英語でインタビューを受けるなど、その姿はメンバーも尊敬するものだそうです。

英語が話せないジョングクは「本当にカッコイイと思います。僕も英語を勉強していればよかった」と話す姿をみて「一生懸命練習したらきっと上手くなるから、僕が教えてあげる」と優しい一面もありました。

学生時代は学業成績が非常に優秀でIQは148、韓国で行われている大学修了試験では高得点で上位1%にはいるなど常に良い成績を修めていました。

BTSラップモンスター(RM)の性格

責任感が強いリーダータイプのエピソード1

Not Todayがビルボードで注目され、アメリカでのインタビューが行われた際、「アメリカンドリームを持つことになるがどう思うか?」という質問に「私たちは韓国人ですから」と答え、その謙虚さに周囲が驚いたと言います。

エピソード2

壁が大きいといろいろなことは読み取れないけれど、だからこそもっと音楽に対してしがみついていたいです、とSNSへ発信していました。

ラップモンスター(RM)がツイートする言葉は非常に奥深いものが多く、ひとつの詩のようになっているものも、クスっと笑えてしまうものもあります。

言葉にできなくても、音楽にもしできなかったとしても、君を応援しています、という発信もあり、多くの人の心を勇気づけ、癒す言動であり短い一言の中に強さを感じますよね。

BTSラップモンスター(RM)に彼女はいる?

韓国国内のみならず、海外スケジュールで多忙な防弾少年団。
普段のスケジュール後は深夜まで練習があることが多く、彼女はいないようです。

過去にSNS上で女性との2ショットが話題になったこともあったそうですが、撮影場のスタッフとの1枚ということでした。

バラエティ番組「脳セク時代」で、過去の恋愛について話していた時「彼女に男友達が多かった」とため息交じりに話していました。

連絡を絶ってほしいと話したら、「そういうところが疲れる」とバッサリ・・。
その後も彼女の状況は変わらず、別れたというラップモンスター(RM)ですが、出演者は「そんなひどい人がいるんだ・・」と驚き、スタジオ内は重い空気に包まれてしまっていました。

ラップモンスター(RM)のタイプ

身長は166㎝から170cmで体重は50㎏くらいが理想、色白で髪はストレートでセクシーな女性が好みだそうです。

年齢は1994年から1999年までの間が良いとしていますが、年上か同級生がいいと発言していたこともありました。

ファッションはカジュアルなもの(Tシャツにショートパンツなど)が好きで、たびたび「赤のコンバースが似合う人!」と発言しています。

理想が高いんじゃないの?とメンバーに笑われる一幕もありましたが、コンバースが似合う人が現れるとすぐ好きになってしまうかもしれないというラップモンスター(RM)、どうしてもハズせない理想だと話していたのも可愛らしい一面でした。

まとめ

防弾少年団のリーダーラップモンスター(RM)についてご紹介しましたがいかがでしたか?

世界中で大人気のアーティストとして活躍する姿を、これからも応援していきたいですね。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする