着物の手入れ方法が知りたい!湿気や虫を避ける方法とは?

着物の手入れ方法って難しそうですよね。

でもせっかく着物を自分で着るようになったのなら、自分できちんとお手入れしたいと思いませんか?

今回は着物のお手入れの基本的なことから、自宅で効率よく着物を保管する方法、そして気になる湿気や虫を避ける方法などをご紹介します。

着物の手入れは着物を脱いだ時からはじまる

着物の手入れは実は着物を脱いだ時からはじまっています。洋服でいえばスーツを着た後にハンガーにかけるのと一緒。ですが着物の場合は、特に正絹や織物など生地は繊細な生き物と同じ、汗や汚れなど湿気にとても弱いのです。

まずは着物に汚れが付かないように手を洗い脱ぎます。そして着物は着物ハンガーなどにいったんかけましょう。

また着物を着た時に使用する和装小物も敷物の上に置き、風を通すようにしましょう。化繊の洗える着物なども同じようにします。そして翌日にたたんで、たとう紙などに入れて保管しておきましょう。
これをするだけでもずいぶんと着物が長持ちしますよ。

着物の下着類は自宅で洗濯

着物の下着類はほとんど自宅で洗濯できます。夏は特に面倒でもその日のうちに洗濯してしまいましょう。すぐに洗わないと汗じみは黄ばんでしまいます。また着物の下着は白地がほとんどですので黄色い汗じみはかなり目立ちます。

生地によっては手洗いもするものもありますが、ほとんどの着物の下着は全自動で洗えます。その際時間を短く、軽く脱水する程度にするとダメージを受けなくて済みます。

大切な着物をシミで汚してしまったら

振袖や訪問着、お気に入りの着物をシミで汚してしまったというときは、小さな目立たないシミであれば、まずは水を湿らせたガーゼなどでこすらずに軽くつまんでたたいて落とします。
それでも落ちなければ油汚れの可能性があります。その場合はこすらずにベンジンを湿らせて落とします。

これは基本的なシミの落とし方ですが、シミが広範囲に広がってしまう可能性もあるので、目立つシミの場合は着物店のクリーニングを利用することをおすすめします。
半襟はスティックタイプになっている汗ジミ落としを使い、汚れの部分を塗って放置し洗濯機か手洗いで軽く洗います。

着物の手入れは保管の仕方で決まる

着物の手入れとして昔からある保管法の一つに「虫干し」と呼ばれるものがあります。一年に1回から2回、空気が乾燥している5月や10月などにします。着物はしまいっぱなしにすると、湿気や汚れで変色やカビ、虫を誘う原因になるので、着物や帯と帯揚げなどもすべて出して風にあてます。午前中から半日程度、日に当たらないようにだしておきます。

また着物の防虫剤は、洋服の防虫剤と一緒に保管すると着物がシミになることもあります。

着物専用の防虫剤か、しまっておいた時の匂いを消す意味で、お香をいれた匂い袋と一緒に保管するとよいでしょう。

お香の匂い袋は消臭や殺菌などにもよく、着物にもふさわしい香りの演出もできます。

また着物は桐ダンスで保管するのが理想ですが、クローゼットなどに保管する場合でも湿気のある場所を避けて、たとう紙に包んで保管しましょう。

着物の手入れは大切!まずは汚さないことからはじめましょう

着物の手入れは難しそうな印象がありますが、まずは着物を汚さないことが大切!着物を着るときと脱ぐときに手を洗うこと。

そしてふだんから着物のコートや羽織を上に着るだけでも汚れを防ぐことができます。昔から着物のコートのことをちりよけと呼んでいたのはそのためです。

着物は生き物です。洋服と違う美しい着物の世界を美しくするのはお手入れあってこそ。

楽しくお手入れして素敵に着こなしてみてはいかがでしょうか。

使わない着物はどんどん劣化していきます。これからも使わない場合は、着物買取おすすめランキングの比較などを参考にして、着物買取も検討しましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする